新規会員登録

会員登録(無料)ご希望の方は、下記「利用規約」に同意の上、登録を行なって下さい。

日本棋院ID利用者規約

公益財団法人日本棋院(以下、「弊院」という)は、 弊院が定める手続きに基づいて登録手続きを行い、弊院が提供するネット対局サービスの無料利用サービス、段級位認定問題受験サービス、メルマガ配信サービス等など、日本棋院IDを利用したサービス(以下、「本サービス」という)をご利用する方(以下、「会員」といいます)に対し、以下のとおり「日本棋院ID利用者規約」(以下、「本規約」といいます。)を定めます。

第1条(適用)
会員になろうとする者は、本規約に同意することを条件に、登録手続を行うことができ、会員となることができます。本規約は、会員に適用されるものとします。

第2条(定義)
本規約における用語を以下のとおり定義します。
(1)「ユーザーID」とは、本サービスを利用するために会員に弊院が発行する識別子で、会員が弊院による個人認証を利用する為に必要なものをいいます。なお、ユーザーIDの名称は「日本棋院ID」とします。
(2)「パスワード」とは、会員ご自身が設定し、個人認証を利用する為にユーザーIDと共に利用する「日本棋院ID用パスワード」をいいます。
(3)「ID等」とは、ユーザーIDおよびパスワードを総称していいます。
(4)「弊院ウェブサイト」とは、弊院が運営するウェブサイトをいいます。
(5)「個人認証」とは、会員が本サービスを利用するために弊院ウェブサイトで行うID等の入力操作に基づいて、弊院が会員ご本人を特定することをいいます。
(6)「登録情報」とは、ユーザーIDを取得するためおよび本サービスを利用するために弊院に対して会員からご提供いただく、氏名、住所、電話番号、メールアドレスおよびその他の情報をいいます。
(7)「履歴情報」とは、弊院に記録される、会員の日本棋院IDの利用履歴等をいいます。

第3条(本規約の適用および変更)
1.弊院は、本規約を変更する場合は、弊院ウェブサイト上において提示その他弊院が適当と判断する方法で通知をすることとします。会員が弊院ウェブサイトにアクセス等すれば当該変更があった旨の通知を閲覧することが可能となった時以降に会員がユーザーIDの利用その他本サービスを利用された場合、かかる変更は会員に承認されたものとみなします。
2.前項の定めに係わらず、別段の定めがある場合は、弊院が弊院ウェブサイト上において提示その他弊院が適当と判断する方法で通知をすることとし、会員が弊院ウェブサイトにアクセスすれば当該変更があった旨の通知を閲覧することが可能となった時に有効になるものとします。

第4条(ID等の発行手続き)
本サービスの利用を希望する会員は、弊院ウェブサイト上にてユーザーIDの発行手続きをとり、かつ、パスワードを自ら設定するものとします。弊院の求めに応じた適正な登録情報の提供がない場合、または適正なパスワードの設定を行わない場合には、弊院はユーザーIDを発行しないことがあります。

第5条(退会手続き)
1.会員は、本サービスから退会を希望する場合、弊院が弊院ウェブサイト上で別途定める手続きに基づいて退会に係る手続きをとることができるものとします。
2.会員が次の各号の一に該当すると弊院が判断した場合は、弊院は事前に通知することなく、ただちに当該の会員のID等の利用資格を失効させ、退会の手続きをとることができるものとします。なお、以下の各号の変更・追加にあたっては、第10条第2項を適用するものとします。
(1)本規約において、またはその特約として別途定める禁止事項を行った場合、その他本規約、関係法令等に違反して、またはこれに類する態様でID等を登録または利用した場合
(2)相当期間に渡って本サービスを利用しない場合
(3)会員に対する本サービスの運営等に係る円滑な通知・連絡が困難になった場合
(4)本サービスの利用のために弊院が別途定める会員規約、利用規約等の約定に違反した場合
(5)その他、弊院が当該ID等および登録情報の管理を停止すべきであると合理的に判断した場合
3.本条の定めにより、退会またはID等の利用資格が失効した場合、弊院は登録情報を弊院のデータベース上から削除することができるものとします。ただし、弊院が弊院ウェブサイト上で別途定める手続きに従い会員が登録情報の削除を要求しない限り、弊院は、かかる会員の登録情報を弊院のデータベース上から削除する義務を負わないものとします。

第6条(会員への通知)
1.本サービスに係る弊院から会員への通知は、原則として、弊院ウェブサイトまたは電子メールにより行うものとし、電話、手紙等登録情報等に含まれる住所または電話番号を利用したお知らせは、やむをえない場合の補助的手段とします。なお、電子メールでかかるお知らせを行う場合は、登録情報に登録されたメールアドレスへの送信をもって行なうものとします。
2.前項の通知が電子メールで行われる場合、弊院は、利用者の加盟するサーバー宛に電子メールを発信し、当該サーバーに到達したことをもって利用者への通知が完了したものとみなします。
3.第1項の通知が弊院ウェブサイト上の掲示により行われる場合、当該通知が弊院ウェブサイト上に掲載され、利用者がサイトにアクセスすれば当該通知を閲覧することが可能になった時をもって利用者への通知を完了したものとします。
4.利用者は、弊院からの通知を遅滞なく熟読し、理解する義務を負うものとします。

第7条(ID等の利用・管理)
1.会員は、本規約および弊院が弊院ウェブサイト上に随時掲出する内容に基づいてID等を利用するものとします。
2.会員は、本サービスの提供における所要の個人認証を受ける目的以外にID等を使用してはならないものとします。
3.会員は、ID等を第三者に貸与、譲渡、売買、質入またはこれらに類する一切の行為をしないものとします。
4.会員は、自己のID等の第三者への漏洩、開示その他不適切な使用の態様があった場合には、第三者が本サービス利用者になりすましてID等を使用するおそれがあることを十分理解し、自己の責任において、ID等を厳重に管理・保管し、その適切な使用に心がけるものとします。第三者が会員になりすましてID等を使用された場合に生じる損害は、会員にご負担頂くものとし、弊院は一切責任を負いません。
5.会員は、自己のID等の第三者への漏洩、開示その他不適切な使用の態様があった場合、またはID等が第三者に使用されていることが判明した場合、その他第三者に使用される合理的なおそれがある場合は、ただちに弊院にその旨を連絡するほか、可及的速やかに所要の措置をとることとします。弊院への連絡の先後を問わず、第三者が会員になりすましてID等や本サービスを使用された場合に生じる損害は、当該会員ご自身にご負担頂くものとし、弊院は一切責任を負いません。

第8条(禁止事項)
会員は、会員登録または本サービスの利用において、以下の行為を行なわないものとします。
(1)虚偽の情報を登録する一切の行為
(2)第三者、弊院の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権その他の権利を侵害する、もしくはかかるおそれのある一切の行為
(3)第三者、弊院を誹謗中傷し、その名誉、信用を傷つける、もしくはかかるおそれのある一切の行為
(4)上記第2号、第3号のほか、第三者、弊院に不利益または損害を与え、その円滑な経済活動、業務執行等を阻害する、もしくはかかるおそれのある一切の行為
(5)ID等を不正に使用する行為。
(6)本サービスを通じて、または本サービスに関連してコンピュータウィルス等の有害なプログラムを使用もしくは提供する行為。
(7)コンテンツの全部または一部の修正およびコンテンツを基にした派生的制作物を作成する行為。
(8)法令または公序良俗に反する、またはこれを教唆煽動する一切の行為ならびにかかるおそれのある一切の行為
(9)弊院の事前の承諾なきまま、会員資格または本サービスを利活用した営利獲得を目的として活動する行為またはこれを企図する行為
(10)第三者になりすまして前各号に定める行為を行う一切の行為
(11)前各号に該当するおそれがあると弊院が判断する一切の行為
(12)その他、弊院が不適切と判断する一切の行為

第9条(個人情報の取扱い)
1.弊院は、登録情報および履歴情報ならびにこれらに付帯する情報等(以下、「登録情報等」という。)について、関係法令および社内規程等の定めに則り、厳重な管理体制のもとで保管し、その漏洩、改竄、盗難、紛失等の一切の不適切な事象が発生することを未然に防ぐべく、所要の防護措置およびその維持強化に努めます。
2.弊院は、登録情報等について、次の各号に掲げる目的(以下、「本件目的」という。)のために必要な範囲で収集、保持および利用することとします。なお、別途会員から同意を得ることなくして当該利用目的以外に登録情報等を利用することはいたしません。
(1)本サービスを提供するために必要な個人認証
(2)会員が本サービスへ入会する場合の入力補助
(3)会員へのお知らせ
(4)会員からの各種問い合わせへの対応
(5)ID等の保守管理
(6)マーケティング調査、データ分析など第三者が本サービス利用者個人を特定することができない態様による統計処理
(7)本サービスの広告宣伝またはマーケティング
(8)弊院が営む事業(弊院の具体的な事業内容については弊院所定の方法〔弊院ウェブサイト等〕によってお知らせします)における商品・ポイント特典・本サービス等に関する宣伝物・印刷物の送付等の営業案内
3.弊院は、本件目的の達成に必要な範囲で、登録情報等のうち以下の各号に掲げる情報をサービス提供会社との間で共同利用するものとします。
(1)氏名(ふりがなを含む。)、生年月日、性別
(2)住所、郵便番号、電話番号(携帯電話、FAX番号を含む。)、電子メールアドレス(携帯メールアドレスを含む。)
(3)会社名、団体名、部署名、役職名、勤務先所在地その他連絡先にかかる情報
(4)ダイレクトメールの配信希望に関する情報
(5)会員からのお問い合せ内容 (6)本サービスの利用の終了に関する情報
(7)情報の変更等の履歴情報
4.会員は、前項に規定される場合に加えて、次の各号に定める場合に弊院が登録情報等を必要最低限の範囲内で第三者に開示することがあることに予め同意するものとします。
(1)官公庁等の公的機関から法的義務を伴う開示に係る求めを受け、弊院が所要の対応を行う場合
(2)弊院、他の本サービス利用者または第三者の生命、身体、自由、財産、法益、または名誉、信用等を保護するために開示の必要があると弊院が判断する場合
(3)本サービスを運営、維持するために開示の必要があると弊院が判断する場合
(4)本件目的に必要な業務を委託する第三者に対して登録情報を開示する必要があると弊院が判断する場合
5.会員は、登録情報の全部または一部の照会、変更、もしくは削除を希望する場合、弊院ウェブサイト上において弊院が別途定める方法に基づいてその旨を申し出るものとし、弊院はかかる要求に可及的速やかに応えるように努めるものとします。
6.登録情報に変更が生じた場合、会員は弊院が弊院ウェブサイト上で別途定める方法に従って、可及的速やかに弊院に対して変更手続きをとるものとします。なお、会員は、かかる登録情報の変更の手続きが遅れた場合、第6条に定める弊院からのお知らせが遅滞もしくは未達となる場合があることを諒解するものとします。

第10条(免責事項)
1.弊院は、弊院に故意または重大な過失がある場合を除き、本サービスの利用に関連してまたは本サービスを利用できなかったことにより、会員または第三者に発生した損害、損失または不利益(機会損失または副次的または派生的損失等を含む。以下、同じ。)について、一切の責任を負いません。
2.弊院は、会員に事前に通知することなく本サービスの内容を変更することがあり、変更に伴い被ったいかなる不利益、損害または損失についても、一切の責任を負いません。
3.弊院は、以下の何れかの事由に該当する場合、利用者に事前に通知することなく本サービスの一部もしくは全部を中断または停止することがあり、それにより会員または第三者が被ったいかなる不利益、損害または損失についても、一切の責任を負いません。
(1)本サービスの提供のための装置、システムの保守点検、更新を定期的にまたは、緊急に行う場合
(2)火災、停電、天災等不可抗力により、本サービスの提供が困難な場合
(3)電気通信事業者の役務が提供されない場合
(4)その他、運用上あるいは技術上弊院が本サービスの一時中断、もしくは、停止が必要であるか、または弊院が本サービスの提供が困難と判断した場合

第11条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

第12条(協議解決の原則および合意管轄裁判所)
1本規約に定めなき事項または本規約に係る疑義が生じた場合は、会員と弊院との間で誠意をもって協議解決するものとします。
2数次の協議を以ってしても解決に至らず、本サービスに関し訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
本規約は、2011年9月1日に発効します。
改訂履歴は弊院ウェブサイトで公開します。

既に日本棋院のサービス(幽玄の間、情報会員、碁ワールド会員、週刊碁会員など)をご利用中の方は、
新規登録の必要は有りません。詳しくはこちらをご覧ください。

  • (1)既に日本棋院のサービスをご利用中ですか?
  • (2)上記「利用規約」に同意しますか?

ページの上部へ